不倫サイトでセックスレスの人妻を寝取った

 

jkhmeskrs001007

人妻ポケットセフレでメールをくれた人妻さんがいて家には旦那も子供もいるからちょっとした空いた時間にこまめにメールをやり取りした。

メールは面倒だったが気に入られる為にコツコツやり取りしていると相手の人妻に好印象を与えて、実際に会う事になった。

待ち合わせしたのは某ラブホテル。

いきなりラブホで待ち合わせするとは思ってなかったw

待ち合わせしたホテルの前に行くと黒髪の綺麗な女性が立っていた。

待ち合わせした人妻かを確認。

確認したところで挨拶してチェックイン。

交互にシャワーを浴びてベッドイン。

根元まで咥えるフェラが始まってフェラのテクでまず1回イカされた。

その後も、フェラや手コキ尻コキでイカされて挿入前に4回も射精させられた。

そして、彼女は「レイプ感覚で犯して欲しい」と言うのでまず目隠しをし、そして腕を頭の上で縛る。

この状態で、くすぐってみたり胸を揉んでみたりしてとりあえずいじめてみる。

それだけで彼女は「あっ…」と声を出す。

少し抵抗するしぐさを見せる彼女。それがまた俺の興奮を誘う。

ある程度胸を責めたところで、下のほうへ手をやりそして内ももに手を這わす。

まだ敏感なところは触っていないのに内ももをさわり続けるだけで敏感に声を漏らす彼女。

「ん?なんだ。どした?もじもじして!」

「ん…」

「何かして欲しいならちゃんとご主人様にお願いしてみなさい」

ここでさりげなくご主人様という言葉を使う。

「あそこを触って下さい、ご主人様」と彼女が言った。

俺はますばパンツの上からそっとなぞる。

それだけで彼女はさっきよりも大きな声をあげて「あぁ…」と言った。

「直接に触って欲しいのか?」と聞いてみると

「はい、触ってほしいですご主人様」と我慢できないのか素直に答えた。

彼女は自ら足を開き、弄られる構えを取った。

……が、俺はここからもう少し焦らす。

「触って欲しいならまずは俺のを気持ち良くしなさい」というと

「はい」と言って俺のあそこに手を伸ばす。

目隠しをしている状態で、手探りに俺のアソコを探す。

「舐めたいならちゃんとお願いしてから舐めなさい」と言うと

「ご主人様のを舐めさせて下さい」と言う。

「仕方ないな~」と言うとそっと舌をはわせ始める。

「俺のはどうだ?」

「おいしいです…それにおおっきくなってきました…」

このとき、彼女のあそこはもうびちゃびちゃだった。

太ももまでやらしい液体を垂らすあそこに俺は一段と興奮した。

俺は痛くなるほど勃起したアソコを咥えさせたまま69の体勢に移った。

彼女は今までじらされていたせいか、クリと穴を同時に攻めると一気にイッてしまった。

イった後も彼女は暫くぐったりとしていた。

けれどその表情はとてもいやらしくそしてかわいかった。

そのあと2人でお風呂に入り身体を洗い合った。

彼女は俺のものいとおしく洗ってくれていたのが印象的だった。

湯船に浸かりながら色々話した。

なんだか恋人同士のような雰囲気だったのを覚えている。

お風呂の中で彼女に俺のをまたしゃぶらせた。

そしてそのまま風呂場で2回目のえっちをした。

今度は恋人同士のような優しいえっちだった。

結局その日は朝までにもう一回した。

そして昼過ぎから予定があった彼女と別れた。

彼女はとても満足してくれたみたいでまた逢いたいと言ってくれた。

彼女の欲望を叶えつつ、自分も満たしてくれるのでこの出会いは大事にしようと思う。

今月の一押し出会い系サイト

神待ち

人妻が好きな人、ヤリマンが好きな人、セフレが欲しい人、欲求は人それぞれですが今の時期一番お薦めなのはやはり神待ちでしょう。家出の多い季節ですので行く当てのない女の子達を救ってあげて下さい。そんな神待ち少女が集まる出会い系が今熱い!今ならなんと登録無料でしかも初回2000円分のポイントも付いてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
出会いPCMAX