出会い系で拾ったセフレは俺のペット

 

ckiknbk001022

出会い系で拾ったセフレな女を調教してる。最初はいつもの延長で、ホテルで縛る程度だったんだけど酔っぱらってホテル難民になって面倒くさくなって俺のマンションに連れてきたんだが、それから頻繁に来るようになって今やほぼ同棲状態。

何かおかしなことになってる。とは言え、普通のカップルらしい生活をしてるわけじゃなく、彼女は俺のペット状態。帰ってくるなり玄関で裸にして首輪をつける。(俺よりも彼女の方が帰宅は遅い)部屋の中では首輪以外身に着けるのは禁止。

首輪を付けた後は廊下に這わしたり、壁に押し付けて、クリやGスポットを刺激して逝かしてやる。初めの頃は玄関で這わせて入れてたりもしてたんだけど、最近挿入はご褒美的なものとしてる。その代り弄るのは頻繁にしてる。

近くにくれば抱き寄せてキスをしながらクリを指で刺激したり、壁に押し付けてクンニしたり、一緒に風呂に入れば身体を洗ってやりながらシャワーをクリに当てたりで、彼女はいつも逝きすぎてふらふらしてる。

飯は俺が作ってる。彼女は料理が下手(自分でも認めてる)で、俺は得意ってのもあるんだが、なんとなく飼い主の義務感を感じてる。飯を作っている間は、鎖でつないでおく。これは彼女が望んだことで、俺としては緊縛の方が良くて、たまに縛って玩具を装着させて放置してる。

普通のセフレだったころは中々「入れて」なんて言わなかったけど、今じゃ俺が触るたびにせがまれる。けど、オアズケして入れてやらない日の方が多い。入れるのは平日4日間で一回くらいかな。

その他の日は、夜の日課にしてる膣(彼女はつい最近まで中逝きしたことがなかった)とアナルの開発をした後、フェラでごっくんさせて、後は悶々とさせておく。一緒にベットで寝てるんだが、こっそりオナニーをしてたりする。

たまに泣きながら眠ってたりもしてとても可愛いw朝はフェラで起こすように言ってあるんだが、彼女は朝が苦手で俺がクンニで起こしてやることが多い。一緒にシャワーを浴びて、俺は自分の髭と彼女の陰毛を綺麗に剃り落とすのが毎日の朝の行事。

朝飯を食べて、服を着て、出かける前に膣にボールを入れて、ついでに一発逝かしてから俺が先に出勤。彼女は抜けた力が回復するまで、うずくまってるらしい。ちなみにボールは2~3時間だけ入れさせてる。それが限界で、それ以上は仕事にならないということなので。

週末は金曜夜からSM。縛られて弄られるのは大好きみたいで、乱れ方がすごい。感度は抜群に上がってきてて、俺がコツを掴んだこともあって、クリなら十秒くらいで簡単に逝くし、乳首や耳だけでも逝く。

Gスポットはもちろんだが、それ以外の中は先月初めて挿入で逝ってから、毎回逝きまくりになってる。逝きまくった後は過剰に敏感になってて、お腹を押したり恥骨を叩いたりするだけで逝くし、キスでも軽く逝ってたのには驚いた。

まだ浣腸に抵抗があるみたいだが、アナルもかなりよくなってるみたいだ。毎日のようにアナルスティックで弄っている成果かな。拡張も少しづつやってて、最近ではチンコよりも若干細いくらいのバイブが入るようになった。

「いつでもお尻でしていいからね」と言われてるんだが、なんかもったいないので取っておいてる。とりあえずアナルで逝けるようにするのが目標。普段オアズケしているが、週末は遠慮なく入れて楽しんでる。朝は寝てるところをクンニで濡らしてから入れて、寝起きから逝かせまくる。

昼間は鎖でつないであるので気が向いたら尻を上げさせて入れてる。椅子に座って後ろ向きで抱っこして入れておいて、電マをクリに当てて絶叫させたり、風呂に手をつかせた立ちバックで突きながらおしっこさせたりなんてのも楽しいことだ。

拘束して中にバイブ、クリとアナルにローターを入れて放置して気絶するまで責め、バイブを抜いてローター全開で突きまくってまた気絶するまで責め、なんてのもよくやるメニュー。ただここのところ気になるのが彼女が痩せてきたことだ。

やはりやりすぎかなと思って聞いてみるんだが、平気だからもっとやってとしか言わない。生理の時は休ませる(したがるがw)のと、平日はソフトに(生殺しだがw)してるのと、後は一応1~2日/周くらいは休みを作るべきだなと思っている。最近のがちセフレラブはやんでる女が多いから拾いやすいw

今月の一押し出会い系サイト

神待ち

人妻が好きな人、ヤリマンが好きな人、セフレが欲しい人、欲求は人それぞれですが今の時期一番お薦めなのはやはり神待ちでしょう。家出の多い季節ですので行く当てのない女の子達を救ってあげて下さい。そんな神待ち少女が集まる出会い系が今熱い!今ならなんと登録無料でしかも初回2000円分のポイントも付いてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
出会いPCMAX